マッサージ師風俗南越谷

  • 投稿者 : さとし(仮名)
  • 2011年6月26日 5:35 PM

逆に、もう一ヶ月も経ってしまった早いなぁ……なんて感じることは決してない。南越谷からの「だからよぉ。あと何日なんて数え方ぁ、絶対にしれえ方がいいぜ」「観察工場」で何かとアドヴァイスをくれた糟谷が、風俗と言っていたことを思い出す。南越谷でもって「まだまだこれだけあるって思い知って、暗え気持ちになるからな。絶対に南越谷 風俗につきだからそうじゃなく、もう何日が過ぎた、って数え方をするんだ。これまたなかなか日数が増えなくて、イライラするけどよぉ。いわば南越谷などはでもまあどれだけ遅くても、確実に刑期は過ぎて行くんだから。先を見て絶望するよりは、これまでこなした日数数えた方がまだ建設的ってモンだぜぇ」先をデリヘルを見るより後を振り返った方が建設的。それがこの塀の中というわけだ。ただ最近、呉原のお陰でとても平穏な気持ちで毎日を過ごすことができていた。運動のデリヘル時間に彼と話をし、作業に戻ってみるとどこか清々しいような気持ちになっていた。毎日が心穏やかに過ごせるのには、舎一房内のデリヘル人数が減り、比較的広々と部屋が使えることもあるのだろうと思われた。横森と鄭が晴一嘩したお陰で一時デリヘル人にまで減少しやまかわていた我が房も、山川という男が入って来て今はデリヘル人になっている。それでも定員のデリヘル人に比べれば、まだまだ過ごしやすい。また先日転房があったため、ほんの僅かなりと気分転換ができた、ということもある。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。